2014年01月31日

ホワイトニングでどうして歯が白くなるの?

ホワイトニングと言えば、歯が白くなるという審美歯科、美容歯科などで取扱いのある治療のひとつです。しかしながら、なぜ歯が白くなるのでしょうか???



これについて、あまり知られていないので、ちょっとホワイトニングのメカニズムについて説明をしていこうと思います。



ホワイトニングというのは、実は「脱色」なんです。



学生時代に、オキシドールなどの過酸化水素水で髪の毛を洗うと髪の毛が茶色くなるという事で試した事がある人もいるのではないでしょうか???




ホワイトニングもそれと原理は全く同じで、ホワイトニングの薬剤も過酸化水素水の入ったものです。それを歯に塗布して歯を脱色するのです。ですから、原理的に言えば歯がキレイになっているのではなく、汚れごと白く脱色しているという事です。




なのでホワイトニングをして歯がきれいになるというわけではありません。汚れごと、その色を脱色してしまうという事です。しかしながら、たいていの審美歯科、歯医者などではホワイトニングをする間にまずは歯のクリーニングをする事が一般的であると思いますので、審美歯科・歯医者ホワイトニングを受ければきれいで白い歯になる事が出来ると思います。




歯の汚れを落とすだけで良いという方は、通販で販売されているパールホワイトプロがおススメです。歯のヤニ、コーヒーなどの着色汚れを強力に落とす事が出来ますから、ホワイトニングのように脱色をして白くするわけではありませんが、普通の市販の歯磨き粉では落とせなかったような汚れを落とす事が出来ますから、それだけでも満足が得られる人もかなりいると思います。


☆パールホワイトプロの詳細、購入は下記のバナーをクリックして公式サイトから購入して下さい☆
↓↓↓







posted by 自宅でホワイトニングをしよう at 00:11| 歯を白くする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。